home

ママのためのメニュー

指導者を目指すみなさんへ

施設の方へ

JMFA会員向け 申請書ダウンロード

一般社団法人日本マタニティフィットネス協会とは?

妊産婦の健康づくりや産後の育児環境の改善、少子化対策に寄与することを目的とし、マタニティフィットネスに関する研究、指導者の育成、情報提供、実施施設への協力などの活動を展開しております。

協会概要
メディア紹介履歴
マスコミの方向けお問い合わせはこちら

インストラクターむけfacebookページ

指導者を目指すみなさんへ 認定インストラクター資格を取得するには

日本マタニティフィットネス協会の認定インストラクター資格を取得するには、次の3つのステップが必要です。

認定インストラクターになるための3つのステップ

講習会の受講
・講習会では「講義」と「実技」の2つを勉強していただきます。
・講習会は「マタニティ向け」と「マタニティ以外」のプログラムの2つの
 カテゴリーで受講方法が異なります。
認定試験
・認定試験は「筆記」と「実技」の2つを受験していただきます。
・認定試験は「講義講習」と「実技講習」の2つとも受講を修了しなければ
 受験はできません。
合格、資格登録
・認定試験終了後、4週間以内に郵送にてお知らせいたします。
・合格者には資格登録され、試験を担当した講師からのコメント、認定証、
 インストラクターカードを郵送。

※妊娠中の方は「ベビービクス&ベビーヨガ」以外のプログラムは受講できません。

インストラクター講習会 講習会スケジュールはこちら

講習会から試験までの実施時間

講習会は「マタニティ向け」と「マタニティ向け以外」のプログラムの2つのカテゴリーで受講方法が異なります。

マタニティ向けプログラム
マタニティ向けプログラムの講義は3つの資格の共通講義となります。
一度、講習会を受講すれば、マタニティ向けの他の資格の講義は免除されます。ただし、2年間のみ有効となります。
マタニティ向け以外のプログラム
マタニティ向け以外のプログラムは講義と実技をあわせた合計受講時間となっています。
各資格ごとに講義と実技をセットで受講していただきます。
講習会から試験までの実施時間

講習会の受講

産婦人科医と運動指導の専門家が監修した協会オリジナルのテキストをもとに学習します。

講習会受講準備
講習会を受講する際は以下のものを当日必ずご持参ください。
・登録用紙
事前送付いたします。会員登録、資格登録のために必要となります。
・口座振替用紙
事前送付いたします。講習会受講と同時に会員登録されますので、口座のお手続きが必要です。
以降の費用は口座自動引落となります。
・顔写真
(縦40㎜×横30㎜/カラー/半年以内に撮影したもの/正面・無帽・無背景)
※講習会は終日受講となります。

試験結果のご連絡

試験結果は4週間程度で郵送にてお知らせいたします。
電話・メールでの試験結果のお問合わせはお受けしておりません。
郵送にて結果通知(実技についての講師からのコメント付き)をお送りいたします。

合格者へ
「結果通知」、「認定証」、「インストラクターカード」を送付します。
登録料¥1,000(税別)を納めてください。
【画像】メンバーズカード 【画像】認定証

試験対策、指導のスキルアップのためのサポート

認定試験の合格のため、また、資格取得後に指導のスキルアップを希望される方へ以下の学習サポートを用意しております。

スキルアップのためのサポート

『講習会部分受講』
講義・実技ともに講習会の受講を終了されてる方を対象に、試験の合否に関係なく講習会の部分受講が可能です。
カリキュラム内の指定のプログラムからご希望をお選びいただき受講いただけます。
『ワークノート』
ご自宅で学習していただくための問題集と解答用紙をまとめた自宅学習セットです。
解答用紙は解答後、郵送いただくと、講師が添削し模範解答も添えて返信いたします。
自分のペースで勉強することができ、知識の再確認もできます。
取得資格や講習会受講の有無に関係なくお申込みいただけますので、興味のあるプログラム内容の確認や講習会受講前の予習にもご利用いただけます。
※テキストは別売りとなっております。
『試験対策講座』
試験の合格をより確実にしていただくため、受講されている講習会の試験前日に、別途講師の指導を受けることができます。
※マタニティビクス、マタニティヨガのみ開催。

不合格の場合

試験に合格しなかった場合、結果通知とともに講習会の担当講師から合格のためのコメント、今後のスケジュールや合格対策等についてお送りし、資格取得までしっかりサポートいたします。

2年以内なら何度でも再受験が可能

不合格の際、講習会受講日から2年以内であれば、講習会を受講せずに何度でも受験が可能です。
2年以上経過すると、講義講習、実技講習ともに再受講となります。受験期間の延長はございません。

筆記、実技いずれか合格の方

筆記、実技いずれか合格の方は講習会受講日から2年以内であれば、不合格の科目を何度でも再受験をすることができます。

講習会スケジュールはこちら 講習会受講者の声

▲ ページのトップへ