home

ママのためのメニュー

指導者を目指すみなさんへ

施設の方へ

JMFA会員向け 申請書ダウンロード

一般社団法人日本マタニティフィットネス協会とは?

妊産婦の健康づくりや産後の育児環境の改善、少子化対策に寄与することを目的とし、マタニティフィットネスに関する研究、指導者の育成、情報提供、実施施設への協力などの活動を展開しております。

協会概要
メディア紹介履歴
マスコミの方向けお問い合わせはこちら

インストラクターむけfacebookページ

受講者の声

ベビービクス講習会受講 村松純子さん 「ベビービクスは、私の開業助産師の仕事に
なくてはならないものになっています」
村松純子さん

開業助産師
ベビービクス/マタニティビクス/アフタービクス/親子マタニティビクス/マタニティストレッチ認定インストラクター

ベビービクスの勉強をしようと思ったきっかけを教えて下さい。

当時は病院勤務で、入院中から1カ月健診の関わりがほとんどでした。正直、仕事のなかで活かせるかもしれないという、安易な気持ちでした。今の自分に、こんなに必要なものになるとは、この時は思ってもみませんでした。

講習を受けて良かったと感じたことはありますか?

講師の先生は、皆さんとても魅力的です!先生方に憧れ、自分もああなりたい講習会へ参加するたびに思います。先生に励まされ、癒され頑張れました。目標とする人がいると頑張れます。それから、一人での参加でも、同じ目的を持った方が集まってくるので、すぐに仲間ができます。苦手分野を教えあったり、笑ったり。講習会終了後も、相談できる仲間ができたのは、うれしかったですね。

逆に講習中に苦労したことはありましたか?

人前で話している仕事のはずなのに・・・実際にやってみると大きな声で、指導することが、なかなか難しかったです。自信がないとできないな、と練習の重要性を痛感しました。

試験に向けての勉強はたいへんでしたか?

試験の前日は、宿泊したホテルでぶつぶつつぶやきながら実技の練習を、人形がないので、枕を人形に見立ててやりました。筆記は、講習会の最後の筆記オリエンテーションで、先生がわかりやすく丁寧に、テストに出るところを教えてくれたので、とにかく、頑張って覚えました。
自分が勉強したいと思った時が、勉強すべき時なのだと思います。もう遅いとか年だからとか関係ないのだな、と思いました。これからも、チャレンジします!

資格取得後の現在の活動は?

ベビービクスは、私の開業助産師の仕事に、なくてはならないものになっています。子育て支援としてのベビービクスはもちろん、命の授業(小学校での性教育)、看護学校の授業などいろいろな場面で登場します。
今はベビービクスを通して知り合った、たくさんの お母さん・赤ちゃんに囲まれ幸せです。この出会いに感謝して仕事しています。

講習会・ワークショップお申し込みはこちら

▲ ページのトップへ