home

ママのためのメニュー

指導者を目指すみなさんへ

施設の方へ

JMFA会員向け 申請書ダウンロード

一般社団法人日本マタニティフィットネス協会とは?

妊産婦の健康づくりや産後の育児環境の改善、少子化対策に寄与することを目的とし、マタニティフィットネスに関する研究、指導者の育成、情報提供、実施施設への協力などの活動を展開しております。

協会概要
メディア紹介履歴
マスコミの方向けお問い合わせはこちら

インストラクターむけfacebookページ

受講者の声

プレマタニティビクス講習会受講 戸崎信子さん 「ママになりたい女性が妊娠されたときの喜びはひとしおです」 戸崎信子さん

小学校教諭、幼稚園教諭
プレマタニティビクス/マタニティビクス/ベビービクス認定インストラクター

プレマタニティビクスの勉強をしようと思ったきっかけを教えて下さい。

不妊症かどうか検査に行きたくても怖くて行くことができない友人の何か力になりたいと思い受講しました。又、自分自身も月経が不規則で、不妊症について勉強したいと思ったからです。

講習を受けて良かったと感じたことはありますか?

坂井先生による実技の細かな指導は身体の使い方、見せ方等試験だけでなく他のレッスンにもとても役に立ちました。医師である郡山先生は実際現場のお話しを交えて、難しい医学用語もわかりやすく説明して下さいました。特に傾聴についての講義は、インストラクターとして一番大切なことを学ぶことができました。試験(トーキングテクニック)に出題される質問事項は、実際の現場でも数多く質問されるので患者様から質問されてもすぐ答えることができ、講習のありがたさを実感致しました。

試験に向けての準備はたいへんでしたか?

仕事をし、子育てをしながらの試験勉強でしたので勉強時間の確保が難しかったです。プレマタニティビクスはトーキングテクニックの試験がありますので、鏡を見て、視線、表情に気をつけながら語りかける練習をしました。

資格取得後の現在の活動は?

石塚産婦人科で月1回、プレマタニティビクスのレッスンを担当させていただいています。それ以外の月3回のレッスンはサブスタッフとして、プレマタニティの方々とレッスン前後の時間に楽しく挨拶を交わしております。その中で、プレマタニティの方が悩みを打ち明けてくれたり不安なことを質問して下さる際には、インストラクターとしての立場で私が答えたり、医学的なことについては郡山先生に相談しています。ママになりたい女性が妊娠されたときの喜びはひとしおであり、妊娠出産育児をサポートできる協会のプログラムを担当できることにやりがいを感じております。

講習会・ワークショップお申し込みはこちら

▲ ページのトップへ