協会概要・役員紹介

1981年より産婦人科医たち監修の下、妊産婦の健康づくりや産後の育児環境の改善、少子化対策に寄与することを目的とし、マタニティフィットネスに関する研究、指導者の育成、情報提供、実施施設への協力などの活動を展開しております。

1981年前身であるホスピタルハイハットを経て、1985年に日本マタニティビクス協会を設立、協会における公益活動をさらに促進するため、2008年12月より一般社団法人 日本マタニティフィットネス協会に改組致しました。

沿革

1981年
妊婦向けプログラム研究スタート
1983年
【マタニティビクス】を初めて医学会にて発表(以後、毎年研究結果を発表)
1985年
日本マタニティビクス協会設立
産後及び、中高年のためのプログラム研究スタート
1987年
【アフタービクス】を医学会にて発表
1992年
【ベビービクス】を医学会にて発表
1996年
「マタニティフィットネス・コンベンション」第1回開催
1997年
エクササイズビデオ発売(2002年には改訂版ほかも発売)
1999年
「マタニティフィットネスコンベンション」関西にて初開催
2002年
「マタニティフィットネスコンベンション」九州初開催
「アンチエイジング」をテーマとしたフォーラム開催
2005年
「マタニティ&ベビーフェスタ」第1回開催 (以降毎年開催)
2009年
「一般社団法人 日本マタニティフィットネス協会」に組織変更

役員紹介

会長
中林 正雄

・恩賜財団 母子愛育会総合母子保健センター 所長

理事長
田中 康弘

・元医療法人社団田中ウィメンズクリニック院長
・産婦人科医

理事
落合 和彦

・一般社団法人 慈恵医師会 会長
・東京慈恵会医科大学 客員教授
・東京産婦人科医会 名誉会長

理事
中野 眞佐男

・中野レディースクリニック院長

理事
中井 章人

・東京医科大学 多摩永山病院 院長

理事
倉澤 玲維子

顧問
武見 敬三

・参議院議員

協会所在地

〒152-0035
東京都目黒区自由ヶ丘1-4-6 ヒューマン・ハーバー4階

TEL :03-3725-1103

FAX :03-3725-1104

E-mail: info@j-m-f-a.jp

最寄駅

東急大井町線「自由が丘駅」より徒歩1分
東急東横線「自由が丘駅」より徒歩3分
東急目黒線「奥沢駅」より徒歩7分

お電話 お問い合わせ