home

ママのためのメニュー

指導者を目指すみなさんへ

施設の方へ

JMFA会員向け 申請書ダウンロード

一般社団法人日本マタニティフィットネス協会とは?

妊産婦の健康づくりや産後の育児環境の改善、少子化対策に寄与することを目的とし、マタニティフィットネスに関する研究、指導者の育成、情報提供、実施施設への協力などの活動を展開しております。

協会概要
メディア紹介履歴
マスコミの方向けお問い合わせはこちら

インストラクターむけfacebookページ

レッスン実施のメリット

医療施設にとって…

妊娠中に運動することがマタニティライフの常識となったいま、エクササイズが行える病院は妊婦にとって大きな選択基準のひとつです。
さらに他院との差別化をはかることができ、患者様の満足度をアップすることにつながります。
また、産後のプログラムやベビーマッサージなども同時に導入することで、産後もエクササイズを通して長い期間、患者様と病院との関わりを継続することが可能です。

スポーツ関連施設にとって…

今までならば妊娠・出産でフィットネスクラブを退会せざるを得なかった方が、マタニティプログラムを実施することで、継続してエクササイズを行うことができます。
また産後についても、ベビーマッサージなどの導入により赤ちゃんの頃からレッスンに参加することで、最近増加傾向にある乳児、幼児など子どもたちのためのプログラムへの布石にもなります。

※登録施設制度は、マタニティプログラムを実施する場合の制度です。
マタニティプログラム以外のプログラム(ママフィット、ベビービクス、メノポーズケア、プレマタニティビクスなど)を単独で実施する場合は、 登録施設制度の他に、レッスン開設サポートもございます。

レッスン開設サポートについてもっと詳しく